経皮毒

ヘッダー

洗剤・化粧品・シャンプーは経皮毒ワースト3

    

経皮毒をもたらす日用品の中でも、特に「洗剤」「化粧品」「シャンプー」はワースト3といわれています。いずれも毎日のように使う上、合成界面活性剤が多く使われていますので、商品は慎重に選ぶようにしましょう。

 
合成界面活性剤の含まれる洗剤は、便利だけど危険!
洗剤は汚れを落とすことが仕事ですが、そのために使われている成分が「合成界面活性剤」です。

界面活性剤とは、本来なら反発し合う水と汚れの境界線(界面)に働きかけることで、汚れをはがれやすくしてくれるものです。たとえば大豆や卵黄に含まれる「レシチン」や、動植物の油によって作られる「石けん」は、天然の界面活性剤になります。

一方、石油の成分などから人工的に作られたものが「合成界面活性剤」です。合成界面活性剤は汚れをよく落としてくれる一方で、歴史が浅いため人体への安全性はまだ証明されていない成分でもあります。

現在市販されている洗剤の多くに、この合成界面活性剤が使われています。しかも洗濯洗剤の場合、洗濯機で2~3回すすいでも合成界面活性剤は完全に落ちず、繊維に残ってしまうのです。

その残った分がアトピー性皮膚炎を悪化させたり、体内に蓄積して悪さをしたりするといわれています。毎日使うものだからこそ、なるべく天然の成分で汚れを落とせる洗剤を選びたいところです。

 
化粧品は、皮膚のバリア機能を壊して入れ込む!?
女性にとって必需品である化粧品もまた、経皮毒の危険性が叫ばれています。化粧品も、洗剤と同じく合成界面活性剤が入っているものが多いからです。

界面活性剤には汚れの除去以外にも、「肌のバリアを壊して、成分を浸透させやすくする」という重要な働きがあります。もともと皮膚は、外からの異物を入れないようにできていますので、化粧品の成分を入れ込むためにはそれを壊す必要があるのです。

ただし化粧品は医薬品ではないため、成分が入っていけるのはごく浅い層までです。一方で皮膚のバリア機能は毎回壊され、肌には大きな負担となっています。
こうして肌を美しくしているはずが、気づいたら肌が荒れてしまう女性は少なくありません。

直接肌に塗り込む化粧品は、特に成分をしっかりチェックして選ぶ必要があるでしょう。

 
強すぎる洗浄力のシャンプーは、経皮毒のリスク大!
シャンプーも、経皮毒が問題視される代表的な日用品です。シャンプーも汚れを落とすためのものですから、やはり合成界面活性剤が使われています。

たとえば、市販のシャンプーに含まれる「ラウリル硫酸ナトリウム」などの合成界面活性剤は、洗浄力が強く、必要な脂分まで根こそぎ奪ってしまいます。すると髪のきしみや、頭皮の乾燥を招くため、今度はそれを補うためにシリコンや人工の油性成分などが入ります。こうして、シャンプーはますます余分な成分でいっぱいになるのです。

またシャンプーは頭につけるものですから、頭皮を通して体内に吸収されてしまいます。特に女性の場合、頭皮と子宮には深いつながりがあるといわれるため、将来産む赤ちゃんへの影響も心配です。

ただしシャンプーは、最近になって安全性が注目されるようになり、ノンシリコンやアミノ酸系のものを手に取る人が増えてきたのは喜ばしいことです。

 
経皮毒ワースト3と呼ばれる、洗剤と化粧品、そしてシャンプー。毎日のように使う身近なものだからこそ、できるかぎり肌と体に優しいものを使いたいですね。