経皮毒

ヘッダー

皮膚を通して体内へ入り込む?~実は危険な経皮毒とは~

    

経皮毒とは、その名のとおり「皮膚を経由して入ってくる毒」を指します。おもに化粧品やシャンプー、歯磨き粉、洗濯洗剤などの日用品に含まれる有害物質が皮膚から吸収され、知らずしらずの間に体内に蓄積すると考えられています。

近年増え続けているアトピー性皮膚炎や、各種アレルギー疾患なども、経皮毒が一因ではないかと指摘されているのです。

 
 
経皮毒は、身近な商品から体内に入ってくる!
「経皮毒」という言葉は、薬学博士である竹内久米司氏と稲津教久氏が初めて使ったものといわれています。もともと、農薬や食品添加物などの口から入ってくる毒は「経口毒」として知られてきましたが、同じように皮膚からも有害物質が侵入してくるという事実は、多くの人に衝撃を与えました。

経皮毒は、おもに日用品を通して体内に入ってきます。たとえばシャンプーやリンス、ボディソープなどの入浴グッズのほか、洗濯洗剤や台所用洗剤、また化粧品や毛染め液、パーマ液、香水、歯磨き粉などが代表的です。

私たちが普段なにげなく使っているこれらの製品には、石油由来の合成界面活性剤をはじめとして、まだ人体への安全性がよく分かっていない成分が多数含まれています。それが皮膚を通して体内に入り、さまざまな影響を及ぼす可能性があると考えられているのです。

「皮膚には外界からのバリア機能があるのだから、毒物は吸収されない」という意見もあります。しかし実際は、DDTをはじめとする殺虫剤や、汗によって微量に溶け出した金属イオンなどが皮膚から吸収されることは昔から知られていました。

また、そもそも自然界に存在しない石油由来の合成界面活性剤などは、人体にとって想定外の物質のため、皮膚のバリア機能が追いつかないともいわれています。

 
経皮毒は、アトピーやアレルギーの原因にもなる!
さらに経皮毒は、「体内に蓄積されやすい」点が怖いところです。口から入ってくる経口毒の場合は、肝臓や腎臓などによってある程度デトックスされるのですが、皮膚から吸収されたものに関してはそのようなシステムが働かないからです。

実際、最近の産婦人科では「お母さんの羊水からシャンプーの匂いがする」という話が聞こえてくるようになり、多くの女性にショックを与えています。経皮毒は女性の場合、子宮に蓄積されやすいといわれ、それが子宮筋腫や子宮内膜症などの急増にも関係しているのではないかと指摘されています。

また近年急増している子どものアトピーやアレルギーなども、経皮毒の影響が疑われています。毒物が女性の子宮に溜まるのだとすれば、お母さんの胎盤や羊水を通して、赤ちゃんにも経皮毒が伝わる可能性があるからです。
実際、なぜこれほどまでにアトピーやアレルギーの子どもが増えたのかについては、まだ明確な理由が分かっていません。

 
このように、経皮毒は私たちの体に何らかの影響を及ぼす可能性が高いと考えられます。健康に生きていくためには、私たち一人ひとりが意識を高め、「できるだけ安全なものを選んでいく」ことが大切だといえるでしょう。